かさばらないし、固いし、鉄っぽいから電池は「燃えないゴミ」と、自己判断されていませんでしょうか?

資源ゴミについては、地域差があるので、福岡市の場合の使用済み電池の捨て方についてお伝えします!

電池の種類

電池の種類

使用用途によって大きさ形は違いますが、家庭でよく使われているのはアルカリ電池、マンガン電池、充電タイプだとリチウムイオン電池が多いです。

出典:ハンズマン

家庭でよく使われている電池は以下

マンガン電池・・・・壁掛け時計など電力をあまり必要としない物

アルカリ電池・・・おもちゃや、リモコン、小型家電など

充電式電池・・・家庭にある家電やおもちゃなど、蓄電し何度でも利用できる

ボタン電池・・・体温計や車のキーレスキーやスマートキー、腕時計、電卓など

電池は発火防止のために絶縁してから捨てる

ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、電池を捨てる時は、必ず絶縁する必要があります。

なぜ必要かというと、電池は金属でできているので、他の金属や電池と触れると、ショート(短絡)し、発熱・発火・破裂などの事故を起こす恐れがあるからなのです。

出典:一般社団法人 電池工業会

燃えないゴミで回収できるのはマンガン乾電池,アルカリ乾電池

福岡市の場合燃えないごみの青い袋で捨てることができるのは、マンガン乾電池とアルカリ電池になります。

燃えないゴミとして出せますが、資源物回収ボックスでも回収しています。

充電式電池(リチウムイオン電池など)やボタンタイプの電池は燃えないゴミでは出してはいけません。資源回収ボックスへ

充電式電池は資源物回収ボックスのみにしか捨てることができません

東区役所,博多市民センター,中央体育館,南市民センター,城南区役所,早良区役所,入部出張所,西区役所,西部出張所に設置している資源回収ボックスで回収しております。

その他にも大型店に、リサイクルボックスが設置されているので、買い物ついでに捨てることができます。くれぐれも、絶縁テープを貼ることをお忘れなく!

家庭ゴミとして捨てられない充電式電池とボタン電池

小型充電式電池、ボタン電池を家庭ごみとして捨てられない理由はそれぞれ理由があります。

小型充電式電池の場合、ニッケルやカドミウム、鉛、コバルトなど、再生ができる希少な資源が含まれています。2001年に、希少な資源の回収や再利用をすることを義務化した法律、「資源有効利用促進法」が施行された為、現在も多くの協力店のもと再資源化の取り組みが行われています。

続いて、ボタン電池の場合ですが、 環境汚染の原因になる微量の水銀を含んでいる場合があるため、処分する際には環境への配慮が必要とされるからです。

使用済み電池の捨て方まとめ

家庭でよく使われている電池のみ

家庭ゴミで捨てられない電池については、1個を捨ていくのが面倒という場合は、蓋付の小さな缶などに保管がおすすめです。

大型店や区役所などに資源回収ボックスが設置されているので、月に一回など処分日を決めておくのもよいかもしれません。

以上です。本日もありがとうございました!

捨て方のリクエストをお待ちしております!気になる捨てたいモノがあればぜひご相談くださいね!