「危ないので取り扱いがわからない」「なんとなく、捨て方がわからない」というモノの中に包丁があります。

包丁を捨てる機会はなかなか遭遇しないと思いますが、「切れ味が悪い」「お気に入りの包丁が見つかった」等で、買い替えをすることもあるのではないでしょうか?

意外と悩む?包丁の捨て方-福岡市の場合-

多くの自治体の場合、包丁を捨てる際は「不燃ゴミ」「燃えないゴミ」で捨てることが多いです。福岡市の場合も、他の自治体同様青いゴミ袋の燃えないごみで処分します。

捨て方としては、厚紙や段ボール、ネット通販で購入した際の梱包紙などを使って、刃の部分をぐるぐる巻きにし、ガムテープで留める。

「包丁」や「危険」「刃物」とペンで大きく書いてゴミ袋に入れるのがベストです。

我が家の場合、万能包丁が1本と果物ナイフ、パン切り包丁が定数なので、買い替えの際に、新しい包丁が入っていた箱に入れて捨てました。

キッチンのカトラリーも同じやり方

包丁とは別になりますが、キッチンカトラリーやキッチン用品で金属製のモノも危ないので同じ方法で「燃えないゴミ」になります。

例えば、

フォーク、ナイフ、ピーラー、キッチンハサミなど、刃があったり危ないモノ

持ち手が木製のフォークやナイフであっても、金属部分がある場合は「燃えないゴミ」に出してくださいね!

「買ったら捨てる」で、増やさないことも心がけましょう!

他にも捨て方がわからないモノがある場合

捨て方がわからないモノがあれば、是非このサイト内で検索してみてください。
記事は順次更新していきます。

また、記事が見つからない場合はお問い合わせ下さい。

私が調べて記事にして記録しておきます!

調べ物感覚で当サイトに訪問して下さると、嬉しいです!